FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地ボランティア~そしてこれから

またえらくご無沙汰してしまいましたm(_ _)m

最後にこれからのことを少し。


震災から100日が経過しました。

マスコミは原発、政局へ話題をシフトし、
被災地の状況そしてボランティアのことが
語られる機会はめっきり減少しました。
しかし、本当にボランティアはもう必要ない
のでしょうか?

いえいえ、とんでもない!
これからの方がもっとボランティアは必要なんです!

「被災地へは軽い気持ちで行くべきじゃない」
エラそうに言う人がいるかもしれません。
でも本当にそうでしょうか?

「わざわざ兵庫県から!この宮城まで?
お金も時間も使って!ありがたいねー!」

実際、僕に現地の人は言ってくれました。
皆さんが被災者ならどう思います?

私はただ行くだけでもいいと思います。
お年寄りや子どもの話を聞いてください。
そして財布に少し余裕があるなら現地で
買い物でもして帰ってください。
支援に決められた形はありません。


復興はまさにこれから。
ぜひ皆さん、被災地へ足を運んでください。


次回は只今行われています6月議会の
模様をお伝えしようと思います。
スポンサーサイト

被災地ボランティア~被害状況編

私たちが物資の配布を手伝った岩沼市の玉浦公民館。
そこは沿岸から約3キロほどの所にあります。
これはその周辺の写真です。

倒れた大木。
touboku

延々と荒野が続きます。
genya

路肩に積まれたガレキの山。
gareki

周りには木々もあったのでしょうか。
今は鳥居と社しか残っていません。
toriitoyasiro

すべり傾く家。
katamukuie

津波の被害で特徴的なのは水が来たか来なかったか
で被害状況が全く分かれること。
さらに1~2キロも内陸部へ入れば、はた目では
被災地か分からないほどの景色が続きます。

これからの復興の過程において、地域はもとよりご近所や
隣同士でさえ、被害状況で格差が出てくることも考えられます。
本当に難しい問題です。つづく…

被災地ボランティア~ボランティアセンター編

前回からのつづき。

我々も含め被災地に来たボランティアはまず当地の
ボランティアセンターへ行きます。
何故ならボランティアの活動内容は日々変化します。
その為に「マッチング」という過程が重要になります。
①その日どんなボランティアがあるのか。
②自分にはどんなボランティアができるのか。
③作業内容の決定
④オリエンテーション
などを経て実際の作業が始まります。

ここが岩沼市災害ボランティアセンター
DSCF1590_convert_20110602183723.jpg

誰にでも活動の流れが見えるようになってます
DSCF1550_convert_20110602180531.jpg

災害状況やボランティア活動の写真も
DSCF1546_convert_20110602180244.jpg

我々も当初は泥かきも含めた肉体労働もありうる
と聞いてましたが、説明では避難所から仮設住宅
への引越しに変わり、最終的には地域の方々へ物資
配布のお手伝いになりました。

このように被災地が求める状況は日々刻々と変化
し、それに我々ボランティアも対応する必要がある
と感じました。 つづく…
プロフィール

保田けんじ

Author:保田けんじ
“全ては勇気ある一歩から!”
現在、故郷・伊丹を拠点に政治の変革を目指し日々活動中。
市内で自転車こいでる割合非常に高し。
見かけたらぜひ「ヤスケン!」とお声かけを。
yasuken21@gmail.com


稲野幼稚園、稲野小学校、伊丹西中学校、県立伊丹高校、を経て京都産業大学法学部法律学科卒業。


【ニックネーム】
 やすけん、やっさん、ケニー、けんちゃん、etc

【生年月日】
 1974年6月24日

【星座】
 かに座

【好きな季節】
 やっぱ夏

【目標】
 ひとのためになる人 ひとのためになれる人 

【心がけ】
 日々是感謝
 
【好きな時間、趣味】
 ・仲間とわいわい☆飲む
 ・仲間とわいわい☆食べる
 ・サッカーをする&観る
 ・湯ぶねにつかる
 ・映画を観る
 ・カラオケ

【好きな食べ物】
 ・寿司
 ・麺類(うどん、そば、ラーメン、パスタ、etc)
 ・イタリアン
 ・エスニック
 ・居酒屋メニュー 
  
 …などなど好き嫌いなく

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。