スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月17日

あの日、私は大学の期末試験の真っ最中。
明け方まで勉強しそのまま床でうたた寝をしてしまった。

「…ドーン!!!」
今まで聞いたことのない音とともに私は飛び起きたが、次の瞬間大きな揺れとともに部屋の本棚、タンスなどあらゆる家具の下敷きになった。

「何が起きたんだ?まだ夢をみてるのか??」
全く身動きができない暗闇の状況で必死に考えたが、到底答えは出なかった。
そのうちに兄と姉が私を呼ぶ声が聞こえ、自分を部屋から引きずり出してくれた。

命の大切さはどこで感じるのだろう?
平々凡々では難しい。無くした時では遅すぎる。

そんなことを考えながら、今年も追悼のイベントへ。

20120116221858.jpg
全てに感謝。
スポンサーサイト

年頭にあたり

昨年、2011年4月に行われました統一地方選挙。
私保田憲司は伊丹市民の皆様により伊丹市議会へ送っていただきました。

本来であれば年賀のご挨拶も含め「あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりありがとうございました。」と申し上げるべきではございますが、公職選挙法147条の二による「あいさつ状の禁止」の規定があります。ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。


さて、議員活動を開始して早8ヶ月。本当にあっという間でした。
新年のご挨拶はできませんが、この機会に改めて私が初めての選挙を通じて感じたこと、そして今後の決意を述べさせていただきたいと思います。

2011年4月24日。投開票日。
厳しい選挙戦を乗り越え、当選したあかつきには一気に喜びが爆発するのではないか。そんな期待をしていました。ところが、実際当選の一報を受けた瞬間、拍子抜けするくらい喜びの実感が湧いてきませんでした。

一つには今回の選挙戦そのものが非常に厳しいものであり、また初めての挑戦とういうことで落選という結果も十分覚悟していたということがあります。「選挙は水もの」と言います。どれだけ努力しても蓋を開けてみないとわかりません。
自分としては選挙戦でできる限りのことはやり終えた感がありましたので、結果がどうなろうと受けとめる覚悟はできていました。実際、投開票日は一日中落選した場合のコメントばかり考えていました。そんな中での朗報にビックリしたというのが率直な気持ちです。

それと同時に、議員として皆さまから選んでいただいた責任、義務を考えると喜ぶことができなかったというのが正直な気持ちです。市民の皆さんが実績も何もない、どこの馬の骨かわからない若造を選んでくれた。つまり、保田憲司という人間の政策と熱意と将来性に対し、無担保でかけてみようと投票してくれたわけです。期待に背くわけにはいきません。この責任の重さを考えると手放しで当選を喜ぶことができませんでした。


議員として活動を始め約8ヶ月。
1,714票を頂戴し、市民の代表として議会に送っていただいている責任を踏まえ、精一杯の活動をさせていただきます。
ただ、勉強すればするほど自分の未熟さ、不勉強さに恥ずかしくなることもあります。そんな時出てくるのが「天空の城ラピュタ」でのドーラのセリフ。

「泣き言なんか聞きたかないね!何とかしな!」

今後も市民の皆さまの負託に応えらえれよう努力してまいります。
プロフィール

保田けんじ

Author:保田けんじ
“全ては勇気ある一歩から!”
現在、故郷・伊丹を拠点に政治の変革を目指し日々活動中。
市内で自転車こいでる割合非常に高し。
見かけたらぜひ「ヤスケン!」とお声かけを。
yasuken21@gmail.com


稲野幼稚園、稲野小学校、伊丹西中学校、県立伊丹高校、を経て京都産業大学法学部法律学科卒業。


【ニックネーム】
 やすけん、やっさん、ケニー、けんちゃん、etc

【生年月日】
 1974年6月24日

【星座】
 かに座

【好きな季節】
 やっぱ夏

【目標】
 ひとのためになる人 ひとのためになれる人 

【心がけ】
 日々是感謝
 
【好きな時間、趣味】
 ・仲間とわいわい☆飲む
 ・仲間とわいわい☆食べる
 ・サッカーをする&観る
 ・湯ぶねにつかる
 ・映画を観る
 ・カラオケ

【好きな食べ物】
 ・寿司
 ・麺類(うどん、そば、ラーメン、パスタ、etc)
 ・イタリアン
 ・エスニック
 ・居酒屋メニュー 
  
 …などなど好き嫌いなく

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。